ガジェット

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 レビュー】ノートPC環境に最適のハブ

Anker PowerExpand+ 7-in-1

こんにちは!最近デスク環境にこだわりまくっているケニーです。

本記事では、Ankerの名作羽生であるAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブをレビューしていきます!

最近ではテレワークが増えてきて、その影響でかなり話題になっている周辺機器の一つです。

特にMacBookなどのノートPC環境でお仕事をされている方におすすめできる製品です!
これまでたくさんのPC周辺機器を使ってきましたが、間違いなくベストバイに入ります。

正直これなしでは今のデスク環境は成り立ちません。。

ケニー

具体的にどこがいいんだよ〜

これから詳しくレビューしてくぞ!

ポリー
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】の基本仕様と外観

ケニー

まずは基本仕様から見ていこう!

まずは本製品の基本仕様から見ていきましょう。

製品名Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ
アマゾン価格(2022/4/28 現在)5,990円
本体サイズ(横x奥行x高さ)mm : 117(L) x 53.4(W) x 16.5(H)
本体重量154.22g
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブの基本スペック
ケニー

まあまあな値段するなあ・・・

値段に見合う価値は十分あると思うよ〜

ポリー

外観はこんな感じです。

メタリック感がMacBookに非常に近くてgood!

メタリック感が強い

搭載ポートは以下になります。

  • 2 × データ転送用USB-A 3.0ポート(最大5Gbps)※充電や映像出力に非対応
  • PD対応USB-C充電ポート(最大入力60W / 最大*出力48W)※データ転送や映像出力に非対応
  • microSD&SDカードスロット(最大104MB/s)
  • イーサネットポート(最大1Gbps)
  • 最大4K (30Hz) 対応HDMIポート
ケニー

かなりの充実度!!

側面。USB3.0ポートが2つ付いています。

側面①
側面①

反対側の側面は給電用のType-Cポート、HDMI、SD・microSDカードスロットがついています。

側面②
側面②

正面側には有線LANポート。まだまだ有線接続の需要は高いですもんね。

裏側
裏側

有線LANポートの反対側に接続用のUSB-Cケーブルがついてます。こちらは一体型になっています。

正面側の一体型USB-Cケーブル
正面側の一体型USB-Cケーブル

側面の給電用のType-Cポートに接続すると左のLEDが点灯します。ハブは通電しているのかわからない物も多いので助かります。

わかりやすくてgood!

電源供給で光る

普段使っているMacBook(スペースグレー)と並べてみるとこんな感じ!質感はほぼ同じ。色味がもう少し近ければ完璧でしたね。

MacBookとの色味も近い
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】をどう使っているのか?

ケニー

普段どうやって使ってるの?

僕は普段添付写真のような感じで、主にMacBookをウルトラワイドモニターに繋ぐ用途をメインに使っています

MacBook(M1)をメイン機として仕事などで使っているのですが、唯一の難点が接続ポートが少ないこと。USB-Cが2つしかありません。

そこでこのハブの登場というわけです。USB-Cで接続するだけでデスクトップ並みの充実したポートが完成します。

僕の部屋のデスク環境

MacBookをクラムシェルモード(閉じたままで外部モニターなどに繋げるモード)にして、ハブのHDMIを使ってウルトラワイドモニターに接続し、同時に給電も行なっています。

また、トラックボールマウスのUSBレシーバーも接続しています。

ちなみにこのトラックボールマウスはもう2年ほど愛用していて、本当におすすめなので是非一度【ロジクール M570 レビュー】2年使ってわかった感想とメリット・デメリットもご覧ください。

ケニー

デスクがめちゃくちゃスッキリして見えるね!

デスクがスッキリしている

外で仕事をする際はMacBookだけ持っていって、帰ってきてまたMacBookをハブに接続するだけ。

前までは外ではMacBook、家ではWindowsのデスクトップと切り替えていたのですが、もはやその必要は無くなりました。

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】のメリット

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps

僕がこのハブを愛用してきて実際に感じたメリットを挙げていきます。

小型なのに7ポート入り

見ていただいてわかると思いますが【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】は、持ち歩きもできるようにかなりコンパクト。この大きさで7ポートも接続できるとは到底思えません・・・。

僕はデスク周りをとにかくスッキリとミニマムにしたかったので、高性能かつコンパクトなこのハブには一目惚れしました。

上述しましたが、ポートが少ないMacBookにとってはその唯一の弱点を克服してくれるアイテムで、最強の相性だと思っています。

コンパクトに接続

やっぱり見た目がカッコいい

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】はとにかく見た目がかっこいいんです。デスクの上に置いたり、持ち運びをする際ってやっぱり見た目も大切ですよね。

高級感のある素材

ハブってプラスチック感があって安っぽいイメージがあったんですけど、このハブはかなり高級感があります。

MacBookのデザインに寄せてくれているのも本当に素晴らしい・・!この程よいメタリック感がいいですよね。

Power Delivery(PD)対応

最近かなり聞くようになってきたPower Delivery(PD)。【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】はPD接続にも対応してます。

Anker公式サイトより
Ankerより
ケニー

それって何がいいの?

PDはとにかく早く充電ができます。【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】では、ハブとして利用しながらでも最大48Wの給電が可能。

まあ要するにハブとして使いながらも、同時に素早く充電もできてしまうということです。

ケニー

外出先などではかなり助かるね〜

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】のデメリット

ケニー

良いところばっかりだけど、悪いところは一つもないの?

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】は本当に良い商品なのですが、唯一デメリットとして感じたのが上下左右いろいろな方向に接続ケーブルが伸びてしまうこと。

上下左右いろいろな方向に接続ケーブルが伸びてしまう

まあコンパクトなハブである以上仕方ないことではあるのですが、壁側に対してピッタリとくっつけて置くことができません。くっつけた面の端子が使えなくなってしまうので・・。僕の場合有線LANは使わないので、そちらの面を壁に付けて使っています。

一体型になっている接続用のUSB-Cケーブルの位置も決まってしまっているので、置き方などは工夫が必要です。たくさんの端子を接続する場合、散らかって見えてしまうかもしれません。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps

気になる方は、MacBookに直接差し込むタイプのこちらのハブもおすすめです。

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】と他の製品の比較

ケニー

競合になる他の商品はある?

【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】の他にも、Ankerは接続ポート数に応じてたくさんの種類を販売しています。

僕も迷いましたが、最もオーソドックスな【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】にしました。迷ったらこれで良いと思います。一応下記に比較表を載せておきます。

商品名PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ
1
PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ
2
5-in-1 プレミアム USB-Cハブ
3
5-in-1 プレミアム USB-Cハブ
4
PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ
Anker PowerExpand 8-in-1 USB-C PD 10Gbps データ ハブ
PowerExpand 11-in-1 USB-C PD ハブ
PowerExpand 11-in-1 USB-C PD ハブ
カテゴリーUSB-C ハブUSB-C ハブUSB-C ハブUSB-C ハブUSB-C ハブUSB-C ハブ
USB-A ポート数2 (USB-A 3.0 × 2)2 (USB-A 3.0 × 2)2 (USB-A 3.0 × 2)3 (USB-A 3.0 × 3)2 (USB-A 3.1 Gen2 × 2)3 (USB 2.0 × 2 + USB 3.0 × 1)
USB-C ポート数1 (PD対応 USB-C充電ポート x 1)2 (PD対応 USB-C充電ポート x 1 + データ転送用USB-Cポート x 1)--2 (PD対応 USB-C充電ポート x 1 + USB-C 3.1 Gen2 データポート x 1)2 (PD対応 USB-C充電ポート x 1 + USB-C 3.0 ポートx 1)
HDMI ポート111111
イーサネット ポート1--111
USB-C Pass-through Charging48W (60W PD 急速充電器利用時)85W (100W PD 急速充電器利用時)--85W (100W PD 急速充電器利用時)85W (100W PD 急速充電器利用時)
DisplayPort-----1
オーディオポート数-----1 (3.5mm オーディオジャック ×1)
microSD / SDカード スロットmicroSD / SDmicroSD / SDmicroSD / SD-microSD / SDmicroSD / SD
特徴データ転送、イーサネット、4K (30Hz) HDMI接続に対応しPD対応による高速充電が可能なUSB-Cハブ2つのUSB-Aポート、Power Deliveryに対応したUSB-C充電ポート、データ転送用のUSB-Cポート、HDMIポート、microSD&SDカードスロットへの接続を1つのハブで可能にするUSB-Cハブ1つのUSB-Aポート、HDMIポート、microSD / SDスロットを備えたUSB-Cハブ3つのUSB-Aポート、HDMIポート、インターネット接続が可能なイーサネットポートへの接続が可能なUSB-Cハブ2つのUSB-Aポート、USB-Cポートによる10Gbpsの高速データ転送、PD対応フルスピード充電、高画質出力に対応したHDMIへの接続、microSD&SDカードスロットやイーサネット接続を可能にする多機能なUSB-CハブPD対応85Wでのフルスピード充電や高速データ転送、複数画面への高画質出力が可能なUSB-Cハブ

Anker以外だと、Satechiも強い競合ですよね。MacBookの周辺機器とえばSatechiという方も多いかもしれません。

Satechiからも【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】と同じような商品が出ています。

こちらの商品もかなり素晴らしく、接続数が少ない分壁に沿わせることもできます。が、ネックになるのがその値段。大体1万円前後します。【Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ】に比べると約2倍の値段・・。その差は個人的にないですね。

まとめ

上から見たハブの様子

ノートPC環境(特にMacBook)を中心に最適解になる小型ハブ

いかがだったでしょうか?【Anker PowerExpand+ 7-in-1】をレビューしていきました。

現状の僕のデスク周りはMacBookを中心として構成されているわけですが、【Anker PowerExpand+ 7-in-1】はその心臓部になってくれているガジェットです。上述してきたように変わりになるハブもありますが、現状ではこのハブを使い続けるかなと思います。

何よりミニマムで最小最強構成なのがgoodです。

デスク周りのハブで【Anker PowerExpand+ 7-in-1】を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいっ!!

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps
ロジクールm5702年間使用レビュー
【ロジクール M570 レビュー】2年使ってわかった感想とメリット・デメリット

続きを見る

-ガジェット
-,